婚活

婚活ブームが落ち着いたと思ったら、すっかりと社会に浸透していたんですね。

婚活が社会に浸透しています

婚活といっても数年前ですと、なんのこと?といったところでしたがいまは

社会にすっかり定着しています。

婚活とは、適齢期を迎えた結婚を望む男女が結婚にむけて自分の配偶者を

みつける活動をしていくということです。

それは結婚相談所を利用するということもありますが、街コンとかメガコンとか

合コンなどといわれる会に出席をすることによって、相手探しをしているのです。

それでも昔は、そういう活動はなんとなく人に隠れてするようなイメージがあったの

ですがいまではかなりオープンに活動している人が増えています。

さらには地方自治体も、婚活というものを地域活性化に結び付けて広めようという動きがあるくらいなのです。

地域で巨大な合コンを開いて、地域の飲食店を利用してもらってそこを出会いの場にしてもらおうという心試みがあるのです。

さらに、アウトドアやバス旅行などを企画してそこも出会いの場にしてもらおうといういろいろな企画が人気になっているのです。

婚活について思うこと

最近は住んでいる地域中心の地縁とか、働いている会社中心の社縁をきっかけに結婚することが少なくなりました。

会社の上司が、25歳を過ぎた女子社員に、「そろそろ結婚相手を探してはどうかね。

何なら私が世話をしようか?」などと言おうものならセクハラ扱いされる時代です。

セクハラはよくないことですが、あまりに規制を厳しくしたために、晩婚化に拍車がかかっているのは皮肉な副作用です。

こんなご時世ですから、婚活業という結婚したい者同士が、互いに巡り合う機会をプロデュースする産業が現れました。

時代のニーズとして面白いと思います。

ここで知り合う男女の目的は結婚であるということは明らかですから、登録した男女は安心してお付き合いすることができます。

草食男子という言葉で象徴されるように、女性には優しいのだけど消極的で傷つくのを恐れる男性が多いようです。

それでも婚活に臨む以上、草食男子は返上して、いかに二人で人生を歩んでいくか、しっかり目標を決めて活動して欲しいです。

積極的な活動をする人ほどいい相手との縁をつかめると思います。


Copyright(C) 2012 婚活が社会に浸透しています All Rights Reserved.